梅を描く

ume_hana
今年は、年賀状や寒中ハガキなどで梅の花を描く機会がありました。

白やピンク、朱色などさまざまな色がありますが、
同じピンクといっても混ぜ合わせる色によって雰囲気が変わり、
新たな発見もあり楽しかったです。

私が気に入っているのは、白ベースにすこしピンクが入る梅です。
白で梅を描き、乾かないうちに周りや中心に極細の筆でピンクをわずかに置くと、
色が混ざりマーブルのようになります。
周りから先に描くときもありますが、どちらにしても乾かないうちに両方が混ざるようにしないと
きれいに仕上がりません。
といって、水分が多すぎると、描いてすぐはきれいに見えるのですが、
混ざりすぎてしまい乾いてからきれいにならないということもあります。
このあたりのさじ加減が難しくもあり、また楽しくもありました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください